de rer metallica :
デ・レ・メタリカ
437ページ

1557年 オリジナル
ラテン語版
Basel, Froben,で出版
木版画(片面)  手彩色
size 約30.5x21cm
 

price ¥15,000


 ゲオルク・アグリコラ
Georg Agricola
1494年3月24日 - 1555年11月21日)
ドイツの鉱山学者、鉱物学者、人文学者、医者。鉱山学の父」として知られる。彼の本名であるバウエル Bauer は「農夫」の意味であり、Agricola はそのラテン語名。主著に『鉱山書』(De re metallica)があり、探鉱術や冶金術、鉱床、鉱脈、断層などに関する記述がある。多くの鉱物についての記述もある。鉱山書を出版する前彼は『化石 の本性について』、という本も書いており、化石を生物の遺物としていたり、鉱物の肉眼鑑定で今日も行われている諸特徴を記載して後世に基準を与えている。 代表作は1533年頃から編集され1550年に完成した全12巻からラテン語で構成される『デ・レ・メタリカ』(en:De re metallica)である。また、日本では三枝博音が翻訳し、刊行されている。
実際に鉱山で働く人々の経験や発見、発明を科学の言葉に持ってきた、ひとつの新しい体系を創出したアグリコラは、そのように自然や実業に密着していたため、錬金術など頭から否定し、軽蔑していた。

contact

▶お問合せなどのメールは
こちらからお願いします。




❖トップページ❖

❖新入荷❖

❖西洋骨董❖
▷素描・絵画
▷印刷物
▷焼物・木工品など
▷シルバーオーバーレイ

❖李朝・和物など❖

❖セールス品❖

❖過去の展示会❖

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


de rer metallica :デ・レ・メタリカ
437ページ




 

kajitsudo