sigeo ootsuka

I❖E


I❖E


I❖E

I❖E


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トップページ

top page


<西洋骨董>
europian/western

>>焼物など(このページ)

>>宗教関係*religious


>>コプト織 *coptic texstyle


>>シルバー・オーバーレイ

silver overlay
<紙もの/印刷物>
prints

>インキュナブラ15世紀
incunabula
(初期の活版印刷)

>>木版画*16世紀から

>>>銅版画 *copper engraving

<装飾写本/manuscript>


<李朝>
korean antiques


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

大塚 茂夫

1948年 
栃木県益子町 生まれ
    
1971年 
益子町塚本製陶所 入社

1977年 
益子町に独立築窯

1981年 
国展 前田賞 入賞

2003年頃より
家 I*E シリーズ
作陶

sigeo ootsuka
1948 born in mashiko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>返品につきまして

>>支払い/送料など




>>お問合せ
>>注文する


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大塚 茂夫

作陶展

I❖E

 

I

E












 
    sigeo ootsuka (mashiko,japan)    
    exhibition of pottery ▷ I❖E    
    the house...as a image of inner landscape    
   

     ❖     ❖     ❖     ❖     ❖     
街を歩いていて,ふと立ち止って眺めてしまう建物があります。
立て込んだ家の中にぽつんと佇む家。周囲に家が乱立する前には,
どんな風景の中に建っていたのだろうかと空想します。

大塚さんの家(I*E)を見ていると,その背後に景色が広るようです。
それは,地平線が一望出来る程広々とした田園風景だったり,
森の中,枯葉に覆われるまま,ひっそりと忘れられたように建つ家だったり..と。
風景を内在させている家..それが,僕の持つ『家』I*Eのイメージです。
心象風景の中に佇む『家』もしくは『家』自体が風景なのかも知れません。
❖      ❖      ❖

 


 


I❖E 1

 


I❖E 2

 


I❖E 3

 

I❖E 4

 

I❖E 5
sold

 


I❖E 6

 

I❖E 7
sold

 

I❖E 8

 

I❖E 9

 


I❖E 10

 

I❖E 11

 

I❖E 12
sold