incunable*インキュナブラ


ニュールンベルク年代記
<怪物の誕生/シャム双生児>


1497年版*フォリオで
1493年版より小さくなってます
ラテン語版
ページのサイズ  
28 x 20cm


価格  15,000円

 

ニュルンベルク年代記
<シェーデル『世界年代記』>

ドイツの医者・人文学者のハルトマン・シェーデル (Hartmann Schedel) がラテン語で書いた年代記。ゲオルグ・アルト(Georg Alt)のドイツ語訳と合わせて、インキュナブラ(最初期の活字本)として1493年に出版された。
その当時の慣例どおり、この本には表紙がない。冒頭の記述から取って、ラテン学者はこの本をただの『年代記』(Liber Chronicarum)と呼ぶ。英語圏では出版された都市にちなんで『ニュルンベルク年代記』(the Nuremberg Chronicle)、ドイツ語圏では著者名を付けて『シューデルの世界史』(Die Schedelsche Weltchronik)と呼ばれることが多い。現存する本の挿絵は着色されていることが多いが、これは印刷後に手で塗られたものである。
『年代記』は1493年7月12日、ニュルンベルクでラテン語で出版された。同じ年の12月23日に ドイツ語訳が出版された。ラテン語で1400~1500冊、ドイツ語で700~1000冊が出版された。1509年の本の奥付には、この時までにラテン語 として539刷、ドイツ語として60刷が出版されたことが書かれている。現在、ラテン語本が約400冊、ドイツ語訳本が約300冊が残っている[1]。挿絵が着色された本も多く、この着色専門の業者もあったほどだった。その挿絵だけがオールド・マスター・プリント (Old master print) として水彩で着色されて売られたことも多い。また、挿絵だけが切り取られて売られることもあった。
印刷・出版は、画家アルブレヒト・デューラーの代父母(後見人)、アントン・コーベルガー (Anton Koberger) が行った。コーベルガーはデューラーの生まれた1471年、金細工職人をやめて印刷家・出版家になり、ドイツの初期の出版家として最も成功した一人となった。最終的には印刷機24台を所有し、リヨンやブダペストなどドイツの諸都市に多くの支店を出した[2]。




トップページ

西洋骨董
>焼物など
>宗教関係

>シルバー・オーバーレイ
>>李朝
>>その他

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<インキュナブラ>とは?
ゥィキペデアより抜粋
(incunabula、単数形はincunabulum)は、西欧で作られた最初期の活字印刷物のことであり、15世紀(グーテンベルク聖書以降、1500年まで)に活版印刷術を用いて印刷されたものを指す(本だけではなく、一枚物(ブロードサイド broadside)も含む)。揺籃印刷本、インクナブラともいう(incunabula はラテン語でゆりかごの意味)。
1455年にグーテンベルクによる「グーテンベルク聖書」が出版されてから、およそ半世紀の間に、ヨーロッパ各地の都市(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ネーデルラントからスウェーデン、スペイン、ポルトガル、コンスタンティノープルなどまで)に活版印刷術が伝わり、約4万版が刊行されたという。キリスト教関係の本や人文主義者の著作などがある。中には装飾写本を模して手書きで彩色をほどこしたものもある。 なお、フィレンツェで最も数多く出版されたのは、15世紀末のサヴォナローラの説教であった。
インキュナブラとされる古書の3分の1は、印刷した事業者、著者、挿絵画家について名前すら書かれていないか、書かれていてもほとんど無名の者によ るものであった。今日、印刷者についてはプロクター・ヘーブラー法で判定される。この方法では印刷活字の"M"をリスト化したヘーブラー表と比較すること によって印刷者を判定する。また、ページ数、版画の規格などによって、その他の情報が得られることがある。
ヨーロッパの歴史ある図書館では、インキュナブラ(あるいはそれ以前の写本)の所蔵数で歴史的価値が判定され、また、古書蒐集家はインキュナブラを何冊持っているかを競うことがある。

 


>>返品につきまして

>>支払い/送料など



>>お問合せ
>>注文する


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ニュルンベルク年代記
<怪物の誕生/シャム双生児>


<怪物の誕生/シャム双生児>
<怪物の誕生/シャム双生児>
<怪物の誕生/シャム双生児>
<怪物の誕生/シャム双生児>
<怪物の誕生/シャム双生児>
<怪物の誕生/シャム双生児>
<怪物の誕生/シャム双生児>
<怪物の誕生/シャム双生児>